スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
広島電鉄5000形(グリーンムーバー)
秋葉原某所で購入。

広島の市街と宮島をダイレクトに結ぶ広電の低床LRVです。
出張や旅行で訪れるたびに広電を利用しますが、
深いグリーンの角ばった車体が広島の街中をうねうねと走り回るのは、
見ているだけでも楽しめますね。

▼ドイツ製の100%低床車「コンビーノ」シリーズです
広電5000形_01

モデルは5車体あるうちの2両目の車内にフライホイール付きのモーターを積み、
その前後(1両目と3両目)の車両が履いた台車を駆動させるのみならず、
4両目の車内を自在シャフトを貫通させて、5両目が履いた台車まで駆動させるという、
恐るべき全軸駆動を達成しています。

▼右から2両目の車内をシャフトがぶち抜いています・・・
広電5000形_02

・・・とまぁここまで書くとずいぶん凝ったつくりなのですが、この複雑な構造のせいなのか、
シャフトでのロスが大きいのか、その両方なのかわかりませんが、
ものすごい音をたてる割にはスピードにムラが多く、マトモに走ってくれません。
起動電圧はかなり高めで、パワーパックの出力を半分くらいまで上げてようやく走り出します。
一応低速は利くので、フライホイールの効果は出ているような気はしますが、
単にローギアード過ぎなだけかもしれません。

車体のデキはそう悪くなく、塗装もまぁまぁなのですが、
車体間のホロのおさまりが悪く、試験線を1週するとヨレヨレになって帰ってきます。
・・・これはホロの設計の問題が大きいですね。
少なくとも鉄コレのトラム系車輌と同じように「収納シロ」をある程度取っていれば防げたはずです。
車体自身の保持も甘い感じで、台車の無い車両のお腹がレールに擦れそうだったり、
カーブでも直線でもアサッテの方に首を振ったまま、前を向いて走ってくれないなど、
足回りは問題が多いですね。

▼カーブではぎくしゃく・・・ホロの追従性もイマイチです
広電5000形_04

ちなみに、TOMIXのワイドトラムレールで試走させたところ、
一番半径の小さいC103のS字カーブはクリアできました。
これはなかなかがんばったと思います。
ヘッドライト、テールライトともに明るく点灯します。
・・・単に起動電圧が高いからなんですが。

▼C103のS字カーブもクリア
広電5000形_03

う~ん・・・。
モデモの車輌を買ったのはこれが初めてなのですが、
製品のクォリティーはこんなもんなんでしょうかね?
トラム好きな自分としては割と期待が大きかった分、がっかり感も大きいです・・・。

ぜひ後継車のグリーンムーバーMaxも製品化して欲しいと思ったのですが、
この完成度なんだったらモデモ「以外」からもう少しまともなものが出たほうが
いいなぁと思いました。
ライトつかなくてもいいので、こいつの7割くらいの価格で鉄コレから出てくんないかな~。

ちなみに封入されていたシールに誤植があったらしく、
回収交換をしているらしいのですが、もう面倒なのでそのままにしてます。


スポンサーサイト
Nゲージ | 21:59:28 | コメント(0)
マルチレールクリーニングカー(35周年記念カラー)
秋葉原某所で購入。

自分と同じ年齢ということもあり、ネタとして購入しました。
あまり期待はしていなかったのですが、案の定うまく動作しませんでした・・・(T_T)

▼昭和51年生まれなんですねぇ
クリーニングカー_01

基本的な構造としては、
車体に対して軸が縦向きにモーターが仕込まれており、その先のアタッチメントとして
1.ブロア風の吸引モジュール(掃除機)
2.目の細かいヤスリが貼られた乾式クリーナー
3.布が貼られた湿式クリーナー
の3つから選んで装着し、回転させながら機関車で引っ張ってもらうというものです。

うちのレイアウト(というか常設運転線)は特に埃は積もっていないので、
主に3を使うところなのでしょうが、
アタッチメントとレール面とのクリアランスの調整がうまくいかず、
下げすぎると抵抗がありすぎて回転しないし、
逆に上げすぎるとレールに密着せず、うまくいきません。

車体にはトミックスのレールクリーナー(液体)を入れるタンクもついており、
これを散布しながら走らせるという趣旨なのですが、
満タンにして走らせても、一周(約4メートル)走るうちに、
カラッポになって帰ってきました。(どこかで漏れている?)

おまけに、アタッチメントを下げすぎたせいか走行抵抗が大きくなり、
牽引していた機関車の動輪のゴムが剥がれるというアクシデント・・・。

レイアウトではなく、直線の実験線を敷いてきちんと試運転をしないと、
使い物になりそうもありませんね。
気長に使ってみようと思います。


Nゲージ | 01:27:28 | コメント(0)
東京メトロ銀座線01系
秋葉原某所にて購入。

地下鉄の車輌といえばマイクロエースからしか出ないという時代が長く続いていましたが、
ここにきてKATOが東京メトロの01系を製品化しました。
今後の予定では副都心/有楽町線の10000系も製品化するそうですので、
普段、両方ともよく利用する身としては嬉しい限りです。

まずは蓋を開けてびっくりしたのは車輌の小ささです。
16メートル級なので長さが短いのはもちろんなのですが、
幅も高さも小さいので、普通の車輌と並べるととても小さく見えます。

▼ウレタンも専用品
東京メトロ01系_01

付属品は全く無しで、行先は「浅草」が最初からハメ込み済みです。
せめて「渋谷」の幕くらいはシールで添付して欲しかった気がします。

車輌の印象把握においては、さすがはKATO、破綻がありません。
ちょっと幅方向が広めに表現された感じはしますが、造形といい、色合いといい満足です。

▼Bトレの銀座線と並べてみました
東京メトロ01系_02

早速試運転をしてみますが・・・思いの他騒音が大きいです。
起動から低速まで唸るようなツリカケ風の音が響き、
スケールスピードで60キロくらいになったあたりで静かになります。

KATO初の16メートル級の動力ユニットですから、後学のために分解してみましたが、
小さい床下にモーターと2つのフライホイールがぎっしり詰め込まれており、
このうちのどこかが共振しているような感じです。

組み立てなおした後は少し騒音が小さくなりましたが、
ゆっくりと滑るように動く01系を期待していたのでちょっと残念な感じです。

気を取り直して、今回01系に合わせて発売された新しい室内灯モジュール、
「LED室内灯クリア」を装着してみました。
以前のものよりアクリル板が薄くなり、全体が光るように導光性能も上がっています。
色についてはちょっと青味が強いかなぁという感じです。

▼一両分のパーツ
東京メトロ01系_03

▼蛍光灯の下でも結構明るく光ります
東京メトロ01系_04

▼灯りを消すとこんな感じ
東京メトロ01系_05

全体的に見て、車輌はいいのに下回りのデキが残念でした。
次の10000系に期待です。
(こっちは普通の20メートル車ですから、うまくまとめてくると思いますが)


Nゲージ | 22:19:00 | コメント(0)
EF64-0(5次形)
秋葉原某所にて購入。

昨年KATOが「あけぼの」を出したあたりから続いているEF64ラッシュも、
この5次形の登場でようやくひと段落といったところでしょうか。

EF64-0

モデルのデキは破綻なく、
前面下部の塗り分けがちょっとあやふやな点以外は、
高いレベルでまとまっていると思います。

EF64-0側面

サイドはこんな感じです。
KATOと比べるとタイヤ部分がギンギラなのがちょっと気になりますかね。
結構目につく所なので・・・。

<参考:KATOの茶釜>
EF64茶釜側面

走りは静かで安定しており、絶品でありました。
我が家ではもっぱら「あけぼの」牽引で活躍してもらいます。

ちなみに、KATOの茶釜と並べるとこんな感じになります。

EF64並び

KATOのEF64は「馬ヅラ」なんて言われてましたが、比較してみると
「前面の塗り分けがないからそう見えるだけなんじゃないかな?」
と思いました。


Nゲージ | 23:06:22 | コメント(0)
急行「利尻」
秋葉原某所にて購入。
再生産品のためかまったり買えました。

このモデルは、客車列車削減のあおりを受けて、
1991年ごろから2000年ごろまで運行していた、
座席車はキハ40改造のキハ400(もしくはキハ480)、
そして寝台車は改造を施して無理やり気動車に挟み込んだスハネフ14という、
趣味的には大変おもしろい形態の編成を再現しています。
さらに座席車のうち一両は、お座敷列車に召し上げられたキハ400とコンバートされた、
キハ182が入っているというキワモノぶりです。

自分は急行「利尻」の座席車に1回、寝台車にたぶん2回くらい乗っていますが、
くぐもったエンジン音を響かせながらドカ雪の中を淡々と走る、
キハ400の飴色に減光された車内を今でも思い出します。

さて、そのキハ400ですが、こんな感じで模型化されました。

キハ400

全体的なプロポーションはまぁまぁでしょうか。
前面の貫通扉の窓がなんか下がりすぎて印象が違いますが・・・。

スハネフ14-500

そしてスハネフ14-500はこんな感じです。
※あ、車輌の連結向きが逆かもしれない・・・

キハ182

キハ400とコンバートされたキハ182です。
窓とシートピッチが合っている唯一の座席車ですね。
急行料金で特急型車輌に乗れるわけですから、乗り得車輌ではあります。

利尻&オホーツク

同時期に走っていた夜行「オホーツク」との並び。
道内の夜行列車が最後の光を放っていた頃の再現ですね。
B寝台も乗れるグリーン車用のフリー切符を使い、
寝台車をホテル代わりに道内を駆け回ったのも遠い思い出です・・・。


<番外編:急行「利尻」自作バージョン>

たぶん中学か高校生の頃だったと思いますが、
「寝台車をはさんだ気動車」
というコンセプトに仰天した自分は、
改造によってこの編成を再現しようとし・・・まぁ概ね達成しました。

拙い工作技術でよくここまでやったと、当時の情熱に今の自分が感嘆しています。
せっかくなのでちょっとご紹介を・・・。

自作キハ400

KATOのキハ40をベースに、レイルロードのエッチング板コンバージョンキットにて、
側面の張替えを行い、GMの缶スプレーで塗装しています。
クーラーはGMのインバータークーラーを貼り付け、
台車は換装する予算もなく、コイルバネのままです。
※前面の印象把握はマイクロエースよりKATOの方がはるかに良いですね・・・。

自作スハネフ14-500

こちらはTOMIXのスハネフ14をベースに、やはりGMの缶スプレーで塗装しています。
一応ドアは引き戸に交換していますが、ドアステップを延長する技術がなく、
そのままになっているのはご愛嬌です。

自作キハ400力技

もう一両のキハ400は、窓の上下にプラ板を接着して縮小するという力技を使っています。
これが一番最初の改造車です。
・・・たぶんエッチング板の存在を知らなかったんだと思います。

自作キハ480

そして最後はキハ480。
これもKATO車をベースに、側面をレイルロードのエッチング板にコンバートしています。

自作宗谷編成

編成にするとこんな感じです。
マイクロエース製の入線により引退も考えましたが、
実車もシーズン中は結構増結していましたので、
増結車として活躍してもらいましょう。


Nゲージ | 00:22:11 | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。