スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第0番 発心まで
■2009年11月7日

7時半ごろに起床。外はうす曇り。
ホテルの窓の眼下に広がる徳島駅のロータリーは、
意外なほど人の往来があって、なかなか活気がありますな。
(写真では閑散としてるように撮れちゃいましたが・・・)

091107_朝の徳島駅

レンタカーの開始時刻が9時なのでそれに間に合うように、
徳島駅の裏手にあるレンタカー屋へ。
お遍路では山道も走ることになりそうなので、軽自動車を予約したら、
やってきたのはダイハツのムーヴでした。

吉野川の長い鉄橋を渡りつつ30分ほどで1番札所の霊山寺に到着。
四国の道は幅が狭く、ちょっと走りづらいかな・・・。

とりあえず境内をまわると、本堂の脇でお遍路の装束を売っていたので、
店員のおばちゃんとあれこれ相談しながらこれを一式購入。

・白衣(びゃくえという、お遍路さんが皆着ている上着)
・輪袈裟(首から提げる、略式の袈裟)
・数珠
・納経帳(各札所にお参りをしたあと、これにサインをしてもらう)
・経本(般若心経ですな)
・金剛杖

こんな感じで買い揃えて大体12000円くらい・・・。
お遍路の目印ともいえる菅笠は
「何度も東京を往復するんだったら、かさばるからやめたほうがいいんじゃない?」
という店員のおばちゃんのアドバイスによって諦めました。
実際に手に取ってみると、思っていたよりでかかったので、
結果的にこれは正解だったと思います。

一旦車に戻って着替えて、再度境内へ。
真新しい白衣に袖を通すと、さすがに気が引き締まりますな。

091107_発心

「発心」という赤い門をくぐると、
いよいよ四国八十八箇所巡礼のはじまりはじまり~。


スポンサーサイト
お遍路 | 02:27:42
103系体質改善車(大阪環状線)
秋葉原のヨドバシで普通に購入。

103系体質改善車(大阪環状線)素組み

「塚」が一番小さくなっていたオレンジを手に取りました。
同時期にスカイブルー、ウグイスがまとめて発売されましたが、
とりあえず出張時などに一番なじみのある大阪環状線塗装です。

関東在住の自分にとって、
いまだに103系が大阪の中心で大手を振って走っているというのは、
「趣味的」には羨ましい限りです。
(関西の方は、いい加減に取り替えてくれと思っているのでしょうが)

無骨で必要最低限な内装。
コイルばねのかなり硬めな乗り心地。
独特なエア抜けの音がするドア閉じ音。
駅に着くたびにけたたましく騒ぎ始めるコンプレッサー。
そして喘ぐような鳴き声を上げる電気ブレーキの立ち上がり音・・・。

自分の知っている103系はこんな感じなのですが、
内装と外装「だけ」は大幅にリニューアルされてますね。

でも1編成すべての車輌が同じ状態でなく、
側面に雨どいがあったり、あるいは張り上げ屋根になっていたり、
窓枠が黒塗装だったり、あるいは窓の下半分が固定式で上が内倒れ式だったりと、
いろんな点で「でこぼこ状態」なのがなんとも中途半端ですが・・・。

経年の違いもあって、編成まるごと更新できないのは理解できますが、
もう少しうまくやってくれてもいいのではないかと素人目には思ってしまいます。

さて、今回は両先頭車で、高運、低運を作り分けてみました。

ちょっと屋根が入りづらいような気もしますが、
組み付けに関しては問題ありません。
ただし、高運転台の向かって右だけ微妙に隙間が開いてしまいます。
(低運転台は問題なし・・・)

さらに封入パーツに問題が・・・。
中間車の側面パーツが2枚とも方向幕が右に付いたものが入っていました。
しかし方向幕を再現した黒い塗装の位置自体はあっているため (↓写真参照)

103系体質改善車(大阪環状線)塗装エラー

まぁ、遠めに見ればokということで、特にバンダイへのゴルァ電もしてません。

それ以外は特に問題はありませんでした。
----------
103系体質改善車(大阪環状線)Box
ディテール:★★
塗装:★★(悪くないですが、塗装ミスがあったのでちょっと減点・・・)
パーツの合い:★★
雰囲気:★★


Bトレイン | 00:43:39

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。