スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
京阪6000系
大阪出張の時に、日本橋の某所にて購入。
Bトレ発売の日と出張の日がカブってるのは偶然です本当です。

さてこの6000系、一応再販という扱いですが、
以前は付属していた7200系の前面パーツが、何の嫌がらせか無くなってしまいました。
とりあえず6000系と7000系の2形式は再現できます。
台車も両方が再現できるように2形式同梱されているのは感心です。

基本的には素組みですが、側面の行先方向幕は黒く塗りました。
これでぐっと締まって見えます。

まずは6000系。

京阪6000系

続いて7000系。

京阪7000系

前面のちょっとした傾斜があるか無いかの違いですが、
6000系がずいぶん柔らかい表情に見えますね。

この6000系から始まった
「前面の左半分をまるごと貫通扉にする」
というアイディアは、結局京阪が採用しただけで終わりそうです。
窓の面積が広く取れて良さそうなのですが、車体強度の問題なのでしょうか。

---------
塗装の仕上:★★(なんか窓枠の銀縁があやふやな感じ)
パーツ合い:★★
印象の把握:★★★
----------

パッケージ
京阪6000系_pack


スポンサーサイト
Bトレイン | 22:41:13 | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。