スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
巡礼の旅3回目(復路)
観自在寺の駐車場にて、お遍路はまた中断。
レンタカーの返却の時間が迫っているので、あまりのんびりもできません。
ナビが建設中の高速道路を認識してくれないので、
宿毛から先はナビは使わず道路標識が頼りです。
なんとか途中の平田から高速の無料区間に飛び乗り、中村まで一気にショートカット。
13時過ぎに無事返却が完了しました。

ここからは再び乗り鉄の時間です。
とりあえず土佐くろしお鉄道の宿毛ー中村間を乗りつぶすため、宿毛までの切符を購入。
中村駅の待合所はお洒落なカフェっぽい内装になっており、
座るところはいっぱいあるものの落ち着かない感じでした。

■中村駅
IMG_0009.jpg

発車時刻が近づいたのでホームへ移動。
標準型のレールバスと思いきや、車輌の真ん中だけワイドな窓になっていました。
車内は転換クロスシートが並んでいて、トイレつきです。
このあたり、JR四国の下手な車輌より、よっぽど設備が良いです。

■土佐くろしお鉄道
TKT8000形という形式らしい
IMG_0010_20110830230018.jpg

■その車内
オールロングシートで便所なしのJR四国とは雲泥の差
IMG_0013_20110830230018.jpg

13時30分、列車は6割程度の乗車で軽快に中村を発車。
近年開業した新線にありがちな、ロングレールでトンネルと高架橋が続くという、
味気ない路線ではあります・・・。

宿毛まで山に挟まれた盆地のようなところをひたすら走り、
景色は「田んぼが意外とあるなぁ」、という以外は、あまり見るべきところがありません。
そもそも一時間前まで自分で運転して通った箇所でもあるし・・・。

終点の宿毛駅は、特急が突っ込んで大破したはずですがその形跡もなく、
コンクリートの味気ない駅舎でした。
高架下は待合所と地元の産物を売る売店があるだけでしたが、
高校野球のTV放映があったのでそれなりに人は集まっていました。

■宿毛駅
周囲に店はあまりなく、駅の裏は住宅地でした
IMG_0016_20110830230018.jpg

駅の自販で高知までの乗車券と、中村ー高知間の特急券を購入。
30分ほどぶらぶらし、14時34分発の中村行きで折り返します。
早起きだったのでうつらうつらしながら15時4分、中村到着。ここで南風24号に乗り継ぎます。

この列車はいわゆる「アンパンマン列車」で、
外装はアンパンマンのキャラクターでラッピングされ、
内部の天井までアンパンマンに占領されています。
先頭部分で写真撮影をしている子供連れを尻目に、進行右の窓際をゲット。
15時10分の定刻に発車しました。

■アンパンマン列車
あーんぱーんち!
IMG_0018_20110830230017.jpg

■その車内
天井は食パンマンとドキンちゃんがジャック!
IMG_0022_20110830230041.jpg

今回の2000系は、昨日乗った車輌よりは乗り心地が全然まともで、
振子中はもちろん、直線でもびしっと腰が決まっていますが、
アナウンスがアンパンマンの声なのはなんとも・・・。
(始発、終点と主要駅だけのようですが)

列車は振子をくるくるしながら高知を目指しますが、期待していたほど海は見えず、
土佐久礼と須崎付近でちらりと見えた意外は、ほとんどが山の中でした。
伊野付近から住宅地に入ると、この車両に手をふる子供が増えてきました。
親もダイヤを覚えていて、子供に見せているような感じです。

17時ちょうどに高知に到着。
昨日は時間がなくてじっくり見られなかった高知駅をぶらつきます。
結論、つまらん・・・。
どことなく山陰の出雲市か米子あたりとそっくりな感じでした。旅情なし。

■アンパンマン列車逆サイド
IMG_0023_20110830230041.jpg

カミさんから
「日曜市に行って土佐文旦を買ってくること」
という命を受けていたので市街をふらつきますが、日曜市はすでに終わっていて、
さらに文旦は季節ではないとのこと・・・。

■高知駅前のはりぼて(銅像ではナイ)
右から中岡慎太郎、坂本龍馬、武市半平太
IMG_0031_20110830230041.jpg

■ひろめ市場
冷房の冷気が逃げないようにビニールシートが下がっていました
なんだか冷蔵庫みたい・・・
IMG_0028_20110830230041.jpg

■はりまや橋
日本三大がっかり名所らしいですが・・・確かに何度見てもちっさい
IMG_0029_20110830230041.jpg

しかたないので駅に戻り、構内の土産物屋でお土産を買い込み、
18時37分発の南風26号に乗り込みます。
ホーム上は待合室やらエレベーターやらで障害物が多く、
ほとんどの客は自由席の並ぶ場所すらわからないまま待たされ、
やってきた列車のドアに殺到するという感じで、なんだかなぁという雰囲気。
それでも進行左の窓際は確保し、定刻に発車。

土佐山田を過ぎて山道に入ると陽が落ちてしまい、祖谷渓は見られず仕舞い。
前の席には撮り鉄らしきコンビが座り、お互いの戦果を確認している模様。

うつらうつらしているうちに瀬戸内側に抜けてしまったらしく、
多度津、丸亀と過ぎて、宇多津で下車。
駅前でやっていた盆踊り大会がちょうど終わったらしく、浴衣姿も見えました。

ここから高松までは「快速サンポート南風リレー」で移動。
初めて乗った6000系は民鉄っぽい音を奏でるVVVFインバータ車で、転換クロスのシートを装備。
性能は良く、えらいすっ飛ばすものの、エアコンが効きすぎて寒いくらい・・・。

高松には21時2分に到着。夜も遅い割には意外と駅周辺に人が溢れていました。
構内のうどん屋は2分前に閉店してしまっていたので、一旦改札を出て、
構内のコンビニを物色するも晩御飯っぽいものはことごとく売り切れていたので、
駅前のコンビニまで移動してなんとかゲット。

■サンライズ瀬戸
IMG_0035_20110830230041.jpg

あわてて構内に戻り、21時26分発の最終ランナー、サンライズ瀬戸に乗り込みました。
発車前に検札がきたのでそのままシャワーカードを購入。
瀬戸大橋をエビスビールで乾杯しながら通り過ぎ、岡山発車の時点で早めに床につきました。

■個室寝台(シングル)と金剛杖
弘法さまといっしょ(はぁと)
IMG_0037.jpg

翌朝は5時に起床。富士に着いたあたりでシャワーを浴び、
のんびり車窓を眺めながら過ごして定刻の7時8分に東京到着。
そのまま会社へ出勤しました・・・。

今回の訪問にて、一番札所から最も遠いとされる「観自在寺」まで回ることができたので、
一応折り返し地点ということになりました(札所の数としてはまだ半分未満ですが)。
引き続き後半戦も頑張っていこうと思いました。


スポンサーサイト
お遍路 | 23:24:18 | コメント(0)
第40番 観自在時
延光寺からさらに国道56号線を西へ。
宿毛の市街を抜けてさらに峠を越えるとついに愛媛県へ入ります。
観自在時は愛南市の市街地にあり、案内にしたがって進むと路地裏に駐車場があります。

白い砂利が敷かれた駐車場は仁王門に直結しており、
天井に十二支の絵が描かれた門をくぐると正面に本堂、その左に大師堂があります。
本堂はコンクリート造りであまり趣はありませんが、大師堂は意外と大きめで、
他の札所の本堂くらいの大きさがあります。

■仁王門
IMG_0008_20110830223216.jpg

■仁王門の天井に奉られた十二支の方位盤
IMG_0007_20110830223216.jpg

■本堂
コンクリート造り・・・売店つき
IMG_0003_20110830223215.jpg

■大師堂
かなり大きいです
IMG_0002_20110830223215.jpg

■栄(さかえ)かえる
IMG_0004_20110830223215.jpg

境内はよく整備されていて、日本庭園のようです。

■仁王門から本堂を望む
なんか奈良あたりのお寺っぽいです
IMG_0006.jpg

納経は本堂内で行います。
----------
かんじざいじ
南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
TEL 0895-72-0416
参拝日 2011/8/7


お遍路 | 22:47:01 | コメント(0)
第39番 延光寺
再び足摺スカイラインを経由して北上します。
ナビは三原村を縦断する近道を示してくれましたが、
県道21号線のあまりの細さに早々に断念。
一旦中村まで戻り、そのまま国道56号線に乗って西に向かいます。
ここでは建設中の高知道によって道が変わっており、ナビの案内があやふやに・・・。

なんとか到着した駐車場は仁王門のすぐ近くにあります。
境内はすっきりとまとまっており、右に本堂、左に大師堂という配置。
地面は玉砂利がきれいに敷き詰められており、それぞれのお堂共々よく整備されています。

■仁王門
IMG_0001.jpg

■本堂
IMG_0065.jpg

■大師堂
IMG_0066.jpg

■すっきりまとまった境内
整備がよく行き届いていてとても気持ちの良い札所でした
IMG_0068.jpg

ここには「目洗い井戸」というものがあり、眼病にご利益があるとのことで、
柄杓で水をすくって目に塗り塗りしてみました。(私は眼鏡っ子)
このほかにも鐘を背負った亀の像などがあり、小さいながらも飽きさせません。

■目洗い井戸
IMG_0067.jpg

■亀の像
IMG_0069.jpg

納経は仁王門入って右奥の寺務所で行います。
寺務所への道途中にある小ぢんまりした庭園も見ものです。
----------
えんこうじ
宿毛市平田町中山390
TEL 0880-66-0225
参拝日 2011/8/7


お遍路 | 22:28:35 | コメント(0)
第38番札所 金剛福寺
翌朝は早起きして、国道321号線で一路足摺岬に向かいます。
出発した時はうす曇りだったのに、途中の土佐清水市街で本降りになり、
足摺スカイラインは完全にゲリラ豪雨になりましたが、
足摺岬に着く頃にはうって変わって強烈な日差しが・・・。

足摺岬と金剛福寺の兼用駐車場に車を止め、
クマゼミの鳴き声に囲まれながら仁王門をくぐります。

■仁王門
IMG_0042.jpg

境内は大きな岩が並んでおり、その間から松の大木が生えているという、
ちょっと変わった雰囲気です。
台風の時などの水はけを良くするためなのか、
地面がコンクリートで固められた部分が多く、ちょっと殺風景な感じはします。

■全体的にコンクリートの地面が多い・・・
IMG_0038.jpg

正面に比較的大きな本堂があり、大師堂は左のちょっと奥まったところにあります。
境内には愛染明王を奉った愛染院や、二重の多宝塔、
頭をなでると諸願成就するという大師亀などがあり、見所はいっぱいあります。
さすがは最南端だけあり、南国の雰囲気を感じられる札所でした。

■本堂
IMG_0036.jpg

■大師堂
IMG_0035.jpg

■多宝塔
IMG_0040.jpg

■大師亀
頭をなでるといいらしい
IMG_0041.jpg

土砂降りの後なので、池の水が濁っていたのが残念です。
納経は境内の寺務所で行います。

参拝のあとはクマゼミの大合唱&カンカン照りの足摺岬を、
汗をだらだらかきながら観光しました。
足元を大量のフナムシが駆け回るので、ちょっとびっくり。

■足摺岬!
IMG_0061.jpg

■灯台を望む展望台
あたりはクマゼミの鳴き声でうるさいくらいでした
IMG_0046.jpg

----------
こんごうふくじ
土佐清水市足摺岬214-1
TEL 0880-88-0038
参拝日 2011/8/7

お遍路 | 22:19:32 | コメント(0)
巡礼の旅3回目(1泊目・中村)
37番を出たあたりで既に17時を過ぎ、納経が締め切られてしまったので、
ここからはまったり西進し、中村に向かいます。
海は近いはずなのですが、意外と見える区間がなくて残念。

途中のちょっと有名なうどん屋「いろりや」で釜玉うどんなんぞを味わいました。
ちょっと讃岐うどんとは違う感じはしましたが、これがまたうまい!
あまりにもうまくて、だし醤油までお土産に買ってしまいました。

■いろりや全景
IMG_0029.jpg

■釜たまうどん(650円)
IMG_0027.jpg

■看板の前で今回の愛車と一枚
IMG_0028.jpg

そのまま中村に向かってここで一泊。
今回の宿は「ホテルココモ」。
各部屋に風呂がない代わりに、大きな共同浴場があって、
ゆったり浸かることができます(温泉ではないらしい)。
フロントのサービスはまぁまぁでした。

■フツーのビジネスホテルです(確か一泊5000円くらい)
IMG_0031.jpg

■ホテル全景
IMG_0034.jpg

ホテルの前に「サンリバー四万十物産館」という道の駅風の施設があり、
地元の農産物、海産物をはじめ、お土産をいろいろ買うことができます。


お遍路 | 22:10:53 | コメント(0)
第37番札所 岩本寺
穏やかな浦ノ内湾を南に眺めながら須崎に抜けると、
ナビにも載っていない新しい道を発見。
建設中の高知道の一部を無料開放しているらしく、
これで一気に中土佐(土佐久礼)までショートカット。
そのまま国道56号線で窪川まで進み、
窪川駅至近の岩本寺に到着しました。

路地裏に隠れるように建っている仁王門をくぐると、
右手前に大師堂、右奥に本堂というちょっと変わった伽藍です。
大師堂のさらに手前には歓喜天を奉るという円柱型のお堂があり、
これはなかなか珍しい形ですね。

本堂はそれほど大きくないものの、なんと本尊が5つもあり、
真言が多くて大変です。
本堂の天井画はあまりお寺らしくない絵柄もあってなかなか面白いです。
すぐ脇を土佐くろしお鉄道の線路が敷かれており、時々列車が通ります。

■仁王門
IMG_0024.jpg

■本堂
天井画がおもしろいです(堂内なので撮影していませんが)。
IMG_0021.jpg

■大師堂
IMG_0022.jpg

■歓喜天を奉るというお堂
遠目に見るとキノコのように見えます・・・
IMG_0023.jpg

納経は仁王門近くの寺務所で行います。
----------
いわもとじ
高岡郡四万十町茂串町3-13
TEL 0880-22-0376
参拝日 2011/8/6


お遍路 | 22:02:40 | コメント(0)
第36番札所 青龍寺
35番から南に向かい、風光明媚な宇佐大橋を渡って、
海沿いを進むと青龍寺に到着です。
駐車場は結構広く、「気持ち」を入れるポストが置かれています。

仁王門の手前左には、鮮やかな朱色の三重塔が聳え、
よく整備された仁王門をくぐると、本堂へ向かう石段が続きます。

■仁王門
IMG_0020.jpg

■鮮やかな三重塔
IMG_0019.jpg

石段の途中には小さな滝があり、これもまた爽やか。暑さを忘れます。

■滝の前がちょっとごちゃごちゃしてますが・・・
IMG_0018.jpg

■本堂への石段
IMG_0017.jpg

石段を上りきると真正面に本堂、その左に大師堂があり、
大師堂の正面に対向する形で三十三観音がずらりと並びます。
なかなか壮観です。

■本堂
IMG_0014.jpg

■大師堂
IMG_0016.jpg

■三十三観音
IMG_0013.jpg

大師堂が近年建て替えられたせいもあってか境内はよく整備されており、好感が持てました。

納経は駐車場近くの寺務所で行います。
----------
しょうりゅうじ
土佐市宇佐町竜163
TEL 088-856-3010
参拝日 2011/8/6
※駐車料金として「気持ち」を入れるポストがあります。

お遍路 | 01:12:00 | コメント(0)
第35番札所 清瀧寺
高知自動車道の土佐インターを下りてそのまま高速をアンダーパスすると、
いきなり狭い山道が始まります。距離はそれほど長くないものの、
どうがんばってもすれ違えない箇所もあるので注意と覚悟が必要です。

■高速下りて5分でこの山道・・・
IMG_0011.jpg

やっとたどり着いた駐車場は、位置的には仁王門を過ぎた位置にあり、
ちゃんと仁王門をくぐって参拝したい方はちょっと戻る必要があります。

■仁王門
IMG_0010.jpg

境内はコンパクトにまとまっており、正面に本堂、
その左に大師堂が連結した状態で建っています。
大師堂の少し手前に10メートル以上はあろうかという大きな薬師如来像があります。
周囲は山深く、どの建物も木々に抱え込まれるように建っている感じです。

■本堂
IMG_0005.jpg

■大師堂
IMG_0007.jpg

■薬師如来像
IMG_0008.jpg

納経は、仁王門脇の小道の先にある寺務所で行います。
----------
きよたきじ
土佐市高岡町丁568-1
TEL 088-852-0316
参拝日 2011/8/6
※納経の際、駐車場代として200円徴収されます。


お遍路 | 00:54:49 | コメント(0)
巡礼の旅3回目(往路)
今回は2011年の8月6日と7日の2日間を使用。
・・・なんと前回から一年半も開いてしまいました。
さすがにこれ以上行かないと弘法大師さんに怒られると思い、
土日を使っての二泊二日(復路は寝台列車で一泊)という旅程を組み、
四国再訪を果たすことになります。

新幹線は始発とまではいかないものの、4時半起き、5時に家を出るという強行軍となりました。
地下鉄と山手線を乗り継ぎ、6時ごろに東京駅に到着。
まだ朝早いのに結構人が出ています。
開店したての弁当屋にもお客さんがいっぱい・・・。

18番線に上がってホームをぶらぶらしながら、のぞみ5号の入線を待ちます。
やってきたのはN700系のZ69編成。
のぞみ号といえば700系という時代はとうに過ぎ去り、
今はN700系がずいぶん幅を利かせています。
Z69編成ということは、試作のZ0を含めるともう70編成近くにもなるんですねぇ。

■N700系@東京駅
当初はなんだかなぁと思ったデザインも、見慣れてくるとカッコいいです
IMG_0002.jpg

とりあえず指定された16号車のA席におさまります。
うとうとしているうちに6時30分の定刻に発車。
通勤電車並みの加速は痛快ですが、いかんせん窓が小さい・・・。
景色を楽しもうとすると、首が痛くなってきます。

新横浜を出るといよいよ爆走を開始しますが、
さすがに朝早かったためか、浜名湖、名古屋駅、関ヶ原あたりと、
要所要所でぼんやり外を眺めた以外はほとんど爆睡・・・。

新大阪を過ぎたあたりでようやく正気に戻り、
姫路あたりで時速300キロを体験できると思いきや、
なんとなくだらだらとした走りで300キロの電光表示は拝めないまま岡山に到着。

外に出ると物凄い熱気・・・。
岡山の乗り継ぎ時間は9分しかないため、
ホーム端の16号車から階段まで汗をかきかき早足で移動。
在来線のホームに着いたのはこれから乗り継ぐ南風5号の発車3分前くらいでした。
指定はマルス氏が「最後の一枚」と言って発券してくれただけあって満員。
自分の隣は、帰省なのか、大きなキャリーバッグを足元に置いた大学生風ですが、ひたすらPSPをやっているので、これからの山道で酔われそうで少し心配・・・。

■特急南風
IMG_0003.jpg

定刻の10時5分に発車。
振子の不具合か台車の整備が悪いのか、あまり乗り心地が良くなく、ギアチェンジのたびにつんのめったような感じで派手に揺れます。
風光明媚な瀬戸大橋を渡るころには気にならなくなったものの、琴平を過ぎて山道に入ると、振り子の作動中は安定するけれど直線はやっぱりダメ・・・。
こちらは昼飯抜き&酔い止めという万全な体制であるため、気分が悪くなることはなく、寝不足気味で若干ぼんやり目の意識で揺れに身を任せます。
阿波池田あたりでちょっと頭の足りない子供が乗ってきた以外は平和・・・と思いきや、斜め後ろの子供が派手にゲロったりして、なんとなくスリリングな旅になってきました。

祖谷渓は前半は左車窓、後半は右車窓が良くて堪能できますが、件の子供は保護者がいないのか空いた席をあちこち飛び回り、斜め後ろではゲロった子供がシートを独占してぶっ倒れてなんともカオス・・・。
自分は窓際でもないので、ぼんやりしているうちに山を降りて土佐山田に到着。若干の降車で発車し、次の後免でも結構な降車が。

終点高知には定刻12時28分に到着。
前回来た時とは大きく異なり高架化された駅は、デザインは凝っているものの構造はどこかで見たような地方の近代化駅と何ら変わるところはなく、味気ない感じです。
雑然としていた駅前広場も再開発のためか更地になっており、殺風景で面白みがありませんな。
レンタカーの予約は12時半からなので、急いでニッポンレンタカーの店に向かいます。

■高架駅になった高知駅
あたりは再開発のためか更地になっています
IMG_0004.jpg

今回はオンシーズンの為か軽自動車が借りられず、さらに一番小さい普通車も借りられなかったっため1300ccのスイフトでした。ラリー車っぽいブルーが格好いいです。
もちろんナビ付きなものの、これがとんでもないおバカで後々困ったことになるのですが。

今日はほとんど余裕時間がないため、そのまま高知道に突入し、35番札所の清滝寺に向かいます。
ちなみに今回初めてETCを体験。ちゃんとバーが開くかヒヤヒヤもんでした。
高知道は片側一車線なので追い抜きはできないものの、走っている車も少ないのですいすい移動できました。高知市街を北回りで迂回し、土佐インターで下ります。

下りてすぐに高速をアンダーパスし、いきなり山道に突入。
さすがに慣れていない車なので細い道はキビシイ・・・。もちろん四国さんの山道は一番狭い所で対向車を用意してくれました。こっちが必死こいてバックして道を譲ったのに、挨拶すらしねぇプリウスのオヤジころーす。(←また悟る前に逆戻り)

なんとか駐車場にたどり着き、装束に着替えてお遍路の旅、再開~。


お遍路 | 23:34:14 | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。