スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
巡礼の旅3回目(往路)
今回は2011年の8月6日と7日の2日間を使用。
・・・なんと前回から一年半も開いてしまいました。
さすがにこれ以上行かないと弘法大師さんに怒られると思い、
土日を使っての二泊二日(復路は寝台列車で一泊)という旅程を組み、
四国再訪を果たすことになります。

新幹線は始発とまではいかないものの、4時半起き、5時に家を出るという強行軍となりました。
地下鉄と山手線を乗り継ぎ、6時ごろに東京駅に到着。
まだ朝早いのに結構人が出ています。
開店したての弁当屋にもお客さんがいっぱい・・・。

18番線に上がってホームをぶらぶらしながら、のぞみ5号の入線を待ちます。
やってきたのはN700系のZ69編成。
のぞみ号といえば700系という時代はとうに過ぎ去り、
今はN700系がずいぶん幅を利かせています。
Z69編成ということは、試作のZ0を含めるともう70編成近くにもなるんですねぇ。

■N700系@東京駅
当初はなんだかなぁと思ったデザインも、見慣れてくるとカッコいいです
IMG_0002.jpg

とりあえず指定された16号車のA席におさまります。
うとうとしているうちに6時30分の定刻に発車。
通勤電車並みの加速は痛快ですが、いかんせん窓が小さい・・・。
景色を楽しもうとすると、首が痛くなってきます。

新横浜を出るといよいよ爆走を開始しますが、
さすがに朝早かったためか、浜名湖、名古屋駅、関ヶ原あたりと、
要所要所でぼんやり外を眺めた以外はほとんど爆睡・・・。

新大阪を過ぎたあたりでようやく正気に戻り、
姫路あたりで時速300キロを体験できると思いきや、
なんとなくだらだらとした走りで300キロの電光表示は拝めないまま岡山に到着。

外に出ると物凄い熱気・・・。
岡山の乗り継ぎ時間は9分しかないため、
ホーム端の16号車から階段まで汗をかきかき早足で移動。
在来線のホームに着いたのはこれから乗り継ぐ南風5号の発車3分前くらいでした。
指定はマルス氏が「最後の一枚」と言って発券してくれただけあって満員。
自分の隣は、帰省なのか、大きなキャリーバッグを足元に置いた大学生風ですが、ひたすらPSPをやっているので、これからの山道で酔われそうで少し心配・・・。

■特急南風
IMG_0003.jpg

定刻の10時5分に発車。
振子の不具合か台車の整備が悪いのか、あまり乗り心地が良くなく、ギアチェンジのたびにつんのめったような感じで派手に揺れます。
風光明媚な瀬戸大橋を渡るころには気にならなくなったものの、琴平を過ぎて山道に入ると、振り子の作動中は安定するけれど直線はやっぱりダメ・・・。
こちらは昼飯抜き&酔い止めという万全な体制であるため、気分が悪くなることはなく、寝不足気味で若干ぼんやり目の意識で揺れに身を任せます。
阿波池田あたりでちょっと頭の足りない子供が乗ってきた以外は平和・・・と思いきや、斜め後ろの子供が派手にゲロったりして、なんとなくスリリングな旅になってきました。

祖谷渓は前半は左車窓、後半は右車窓が良くて堪能できますが、件の子供は保護者がいないのか空いた席をあちこち飛び回り、斜め後ろではゲロった子供がシートを独占してぶっ倒れてなんともカオス・・・。
自分は窓際でもないので、ぼんやりしているうちに山を降りて土佐山田に到着。若干の降車で発車し、次の後免でも結構な降車が。

終点高知には定刻12時28分に到着。
前回来た時とは大きく異なり高架化された駅は、デザインは凝っているものの構造はどこかで見たような地方の近代化駅と何ら変わるところはなく、味気ない感じです。
雑然としていた駅前広場も再開発のためか更地になっており、殺風景で面白みがありませんな。
レンタカーの予約は12時半からなので、急いでニッポンレンタカーの店に向かいます。

■高架駅になった高知駅
あたりは再開発のためか更地になっています
IMG_0004.jpg

今回はオンシーズンの為か軽自動車が借りられず、さらに一番小さい普通車も借りられなかったっため1300ccのスイフトでした。ラリー車っぽいブルーが格好いいです。
もちろんナビ付きなものの、これがとんでもないおバカで後々困ったことになるのですが。

今日はほとんど余裕時間がないため、そのまま高知道に突入し、35番札所の清滝寺に向かいます。
ちなみに今回初めてETCを体験。ちゃんとバーが開くかヒヤヒヤもんでした。
高知道は片側一車線なので追い抜きはできないものの、走っている車も少ないのですいすい移動できました。高知市街を北回りで迂回し、土佐インターで下ります。

下りてすぐに高速をアンダーパスし、いきなり山道に突入。
さすがに慣れていない車なので細い道はキビシイ・・・。もちろん四国さんの山道は一番狭い所で対向車を用意してくれました。こっちが必死こいてバックして道を譲ったのに、挨拶すらしねぇプリウスのオヤジころーす。(←また悟る前に逆戻り)

なんとか駐車場にたどり着き、装束に着替えてお遍路の旅、再開~。


お遍路 | 23:34:14 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。