スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
JR西日本パート5 475系 新北陸色
475系の新北陸色です。

急行用の交直流車輌として生を受け、特急化の波に押されて格下げ転用。
その後は長らく北陸地域のローカル輸送を担ってきました。
ここにきて「食パン」こと419系も離脱し、521系という後継車も登場。
そろそろ引退も近いのかもしれません。

そういえば2扉デッキ付きでクロスシートという「正しい急行電車」で旅ができるのは、
もうこの車輌くらいしかありませんね。
(あとはしなの鉄道の165系と、広義に見れば711系くらい?)

モデルは1988年ごろから使用している「新北陸色」ですが、
急行時代を知らない自分としては、この塗装が一番しっくりきますね。
(リバイバル塗装も好きなのですが)

▼素組みの3両編成
西日本パート5 475系 新北陸色

組み立てにあたって特に気になる点はありません。
クモハを作る際は中間車の台車を使うようにしましょう。
---------
塗装の仕上:★★(若干厚塗りか・・・)
パーツ合い:★★
印象の把握:★★

Bトレイン | 22:00:53 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。