スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京メトロ16000系
池袋駅の定期券売り場で購入。

初のサイリスタチョッパ制御車として一大エポックを築いた6000系にも、
ついに16000系という後継車が登場しました。
製造数は今発表されているものだけで16編成だそうですから、
すべての車輌を置き換えるわけではなさそうですね。

モデルは第5編成までの、貫通扉が真ん中にあるタイプです。
正直この前面デザインはあまり好きではないので、
早く第6編成以降のパーツを付けて再販を願いたいところです。
あっちのほうが6000系の「正常進化」という感じがしますし・・・。

▼千代田線のニューフェース
東京メトロ16000_01

さて、組み立ててみて思ったのは、実車はサイドの帯が若干高めに貼られていることにより、
見た目の重心が高くてアンバランスに感じるのですが、
このモデルは実車より幕板部分が広めに表現されているため、
相対的にラインの位置が下がり、とてもバランスよく見えるのは皮肉ですね。

組み立てにおいて注意する点は、前面のグラデーション部分のシールでしょうか。
弓形のグラデーションを綺麗に切り出すのはなかなかの手間ですし、
ワイパーにかかる部分は自分で分割する必要があります。
あと先頭部の行先表示のシールを貼る目印がないので、位置決めにちょっと難儀します。
---------
塗装の仕上:★★
パーツ合い:★★★
印象の把握:★★★

パッケージ
東京メトロ16000_パッケージ


Bトレイン | 00:05:48 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。