スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コンテナ貨物列車
新宿某所で購入。

ED75の重連がコンテナ列車を牽くという、
東北本線の貨物を再現するのにうってつけのセットが出たと思いきや、
ちらっと見ただけでも車種構成に疑問点がちらほら・・・。

まずED75の白帯更新機(いわゆる「新更新色」)の屋根には
列車無線アンテナが再現されている(=JR化後の姿)のに、
700番台の屋根にはアンテナが無く(=国鉄時代の姿)、
コンテナも最新モデルに近い19Dや「幸せの緑コンテナ(これも19D)」があると思いきや、
国鉄時代のC95も入っていたりと、
機関車、コンテナ車、コンテナ本体の活躍時代がバラバラで、
一体何がやりたいのかわからない構成です。

これでコンテナ車の半分がコキ50000だったら二分割ということでまだわかるのですが、
コキ104と106という、わりと新しめのチョイス・・・。

別途コキ50000系のセットを買って、コンテナだけ載せ換えればいいっちゃいいんですが、
なんだかなぁという感じです。

機関車は前述の通りED75の白帯更新車と、
同じくED75の700番台(こちらは普通の赤塗装)が入っていますが、
後者は運転台の窓が横引きサッシ化された後期形であり、
さらに白帯なしの前面等のおまけパーツもないことから、
単純に白帯更新と700番台しか組めないという仕様です。
(サッシ窓ははED79モデル化の布石にも思えますが)

▼遠目にはなかなかのデキ
コンテナ貨物列車_01

モデルのデキ自体は特に破綻もなく、
高圧機器が並んだ屋根上はもう少し頑張る余地はあったと思いますがまぁ及第点です。
Bトレ史上初めての交流電機をそつなくまとめてきた感じですね。
ただし重連が見せ所のはずなのに、ドローバーで連結すると
前面同士がくっついてしまうのが難点です。
(マグネットだと大丈夫ですがちょっと格好悪いので・・・)

▼機関車屋根上のアップ
コンテナ貨物列車_03

コンテナ車に関しては、組み付けがキツイといういつもの悩み以外は特に問題はありません。
FT3とFT4の台車の違いも再現されているのは芸が細かいですね。

コンテナは例によって二つのパーツを貝殻合わせのように組み合わせるだけです。
側面のリブは別途のシールを貼って表現するのも変わらないのですが、
19Dについてはサイズが合わないような気がします。
(おまけにシールの枚数が足りてない)

▼新旧さまざまなコンテナを取り揃えております・・・
コンテナ貨物列車_02

自分としては、普通の赤い1000番台あたりが2両欲しかっただけなのに、
ちょっと的を外されたなぁという感じでした。

---------
塗装の仕上:★★
パーツ合い:★★
印象の把握:★★

▼パッケージ
コンテナ貨物列車_パッケージ


Bトレイン | 22:47:13 | コメント(3)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-16 金 16:16:28 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-15 火 01:26:13 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-02-26 火 19:15:13 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。