スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第0番 発心まで
■2009年11月7日

7時半ごろに起床。外はうす曇り。
ホテルの窓の眼下に広がる徳島駅のロータリーは、
意外なほど人の往来があって、なかなか活気がありますな。
(写真では閑散としてるように撮れちゃいましたが・・・)

091107_朝の徳島駅

レンタカーの開始時刻が9時なのでそれに間に合うように、
徳島駅の裏手にあるレンタカー屋へ。
お遍路では山道も走ることになりそうなので、軽自動車を予約したら、
やってきたのはダイハツのムーヴでした。

吉野川の長い鉄橋を渡りつつ30分ほどで1番札所の霊山寺に到着。
四国の道は幅が狭く、ちょっと走りづらいかな・・・。

とりあえず境内をまわると、本堂の脇でお遍路の装束を売っていたので、
店員のおばちゃんとあれこれ相談しながらこれを一式購入。

・白衣(びゃくえという、お遍路さんが皆着ている上着)
・輪袈裟(首から提げる、略式の袈裟)
・数珠
・納経帳(各札所にお参りをしたあと、これにサインをしてもらう)
・経本(般若心経ですな)
・金剛杖

こんな感じで買い揃えて大体12000円くらい・・・。
お遍路の目印ともいえる菅笠は
「何度も東京を往復するんだったら、かさばるからやめたほうがいいんじゃない?」
という店員のおばちゃんのアドバイスによって諦めました。
実際に手に取ってみると、思っていたよりでかかったので、
結果的にこれは正解だったと思います。

一旦車に戻って着替えて、再度境内へ。
真新しい白衣に袖を通すと、さすがに気が引き締まりますな。

091107_発心

「発心」という赤い門をくぐると、
いよいよ四国八十八箇所巡礼のはじまりはじまり~。


お遍路 | 02:27:42

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。