スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第3番札所 金泉寺
狭い狭い路地の奥に唐突に出現する赤い仁王門が、金泉寺の入り口でした。
しかし入り口から想像した以上に中は広く、
本堂は正面に堂々と建ち、右奥に経つ薬師堂も屋根が大きくのびのびした雰囲気。

■仁王門
03_金泉寺_仁王門

■本堂
03_金泉寺_本堂

■大師堂
03_金泉寺_大師堂

境内には寺の名前の由来となった井戸があり、覗き込んで水面に映った顔が
ぼやけていると短命で、はっきりしていると長命だそうですが、
自分がみた限りでははっきりと映ったように見えました。
※暗くてよく見えないのですが・・・

その他にも、由来ありげな龍の像や、竜宮城にありそうな派手な二重塔など、
回っていて楽しい寺でした。

■派手な多宝塔
03_金泉寺_多宝塔?

納経は境内とは違う敷地に建った宿坊っぽいところでしてもらえます。
珍しく若いねーさんが筆をとってくれました。
----------
徳島県板野町大寺亀山下66
TEL 088-672-1087
参拝日 2009/11/7


お遍路 | 01:19:16 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。