スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
巡礼の旅1回目(復路)
12番札所の焼山寺から大急ぎで徳島へ戻ります。
道もよく空いていたので1時間程度でレンタカー屋に到着。

駅まで送ってもらい、地下街でお土産を買い込み、
15時15分の徳島市営バスの「南海フェリー」行きに乗り込みます。
バスは3人乗せて発車し、5分くらい走った途中で2人降りて、
終点まで乗ったのは自分ひとりでした。
フェリーターミナル行きのバス

フェリーターミナルは一階が窓口とお土産屋で、二階が待合所という構造。
16時35分の出航まで1時間弱時間があるので、ベンチでのんびりします。
徳島フェリーターミナルフェリーかつらぎ

16時15分ごろに乗船開始。
今回乗船するのは「フェリーかつらぎ」でした。
まぁまぁ整備された船で、古さは感じられませんでした。
今日は意外と乗客がおり、8区画くらいある桟敷は、
歩くのに若干足元を注意する必要があるくらい埋まりました。

定刻に出航。
意外と揺れるので、床で寝転がっているうちに眠りにつきます。
18時を過ぎてふと目を覚ますと、自分の真上にあったテレビで
「ちびまる子ちゃん」が始まっており、
子供たちが食い入るように見つめているのでちょっとびっくり。
桟敷(下船直前)いちおう椅子席もあります

18時35分の定刻に和歌山港に到着。
徒歩で下船する人は10人にも満たず、
さらに南海線への連絡通路に向かう人は数えるほどでした。
いちおう、動く歩道なども整備されているのですが、
四国へのメインルートは完全に淡路島経由になっているような感じでした。
和歌山港駅へ接続する動く歩道和歌山港駅

和歌山港駅は閑散、というよりほとんど無人に近く、
18時50分ごろに入線してきたなんば行きの特急は、
指定席は乗客ゼロ、一般車は10人程度の客を乗せ、
57分定刻に発車。
くねくねと海沿いを走って5分ほどで和歌山市に到着。
ここで若干の乗車があり、ロングシートに3人程度の乗車率になります。

ここから泉佐野までは快調に飛ばします。
南海は車両が大柄で広々としていて、乗っていて気分いいです。
なんば行き特急(普通車)

泉佐野では待機していた関西空港行きの普通列車に乗り換え、
19時45分に到着。
時間帯もあるのでしょうが、人がほとんどいません。
関空、ほんとに経営大丈夫なんでしょうかね・・・。

誰もいない空港ロビーで荷造りをします。
なんとか一つの荷物にまとめて機内持ち込みを狙いますが、
問題なのは金剛杖で、こればかりはどうしようもなく、
もう面倒なので、メインのトランクと金剛杖は預けてしまいました。

関空発21時ちょうどのJAL192便は、
あんなにロビーが空いていたにもかかわらずなぜか満席。
トランジットの客が多いのでしょうか、外国人が多いような気がしました。
機材はMD90で、実は初めて乗る機材です。
細長過ぎる機体は、なんとなく不安になります。
リアエンジンなので静かなのはありがたいのですが。

定刻にドアクローズし、そのままさっさと離陸。
西風の影響か、単に飛ばしすぎたのが、
実質の飛行時間は40分ほどで、羽田の着陸は定刻22時10分のところを、
なんと21時50分過ぎ・・・。
さすがに入るべきランプが空いておらず、結局エプロンで5分くらい待機。
それでも10分近くの早着なので、がんばったと思います。

バゲージクレームもすぐに終わり、
乗れないと思っていたリムジンバスに間に合ったので、
帰りは楽でした。

というわけで、お遍路の旅、第一回はこれで終了。
年内にもう一回くらいは訪問したいところですね。


お遍路 | 03:33:26 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。