スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10系 寝台急行「妙高」
秋葉原某所にて購入。

旧客のセットなんて「おっさん」しか買わないだろうと、
タカをくくって予約もせずにのんびり買いに行ったら、意外と掃けていてびっくりしたおっさんです。
でも「10系」と銘打ってますが、実際に10系と言えるのはわずか4両。
しかも「寝台車」で括ると3両しかないよKATOさん・・・。

さて、3軸台車で独特の3拍子ワルツを奏でるEF62に牽かれた上り列車を仕立ててみました。
機関車次位に陣取るのは郵便車のマニ10です。

10系妙高_02

はい、最初にお断りしておきますが、先頭のEF62はTOMIXのカマです。
既に発売から30年近いはずですが、走りは快調そのもの。
むしろ近年の精密過ぎるカマより耐久性は全然あります。

我が家へ入線してから長い間14系やら12系の団臨っぽい列車ばかり牽いていましたが、
ようやく長編成の優等運用が回ってきました。

10系妙高_03

少し後ろに回ると、パレット積み新聞輸送車のマニ37が登場。
マニ37は今回初めて完成品として登場したそうで、上野発の夜行急行でいうと「妙高」の他には
「越前」「津軽」「八甲田」あたりに連結されていたようですね。

そして深い丸屋根が優雅なA寝台オロネ10、凝縮感がたまらないB寝台車オハネフ12と続きます。
どちらも乗ってみたかったですが・・・ちょっと間に合わなかったですねぇ。
同系の車輌はいずれも保存車はありますが、確か中には入れなかったような気が。
(オロネは「リニア・鉄道館」、オハネフは「碓氷峠鉄道文化むら」※オハネ12ですが)」
以前、江戸東京博物館の特別展で「モックアップ」は見たのですが・・・。

10系妙高_04

2両続いたB寝台車の後ろには座席車が5両続きます。
碓氷峠を超えるため編成を少しでも軽くする必要があり、全て「オ級」で揃っています。

10系妙高_01

そして碓氷峠を越える時はもちろんEF63が登場。(あ、無線アンテナはまだ無かったはず・・・)
上り列車はEF62も含めて3重連となり、きっとすごい迫力だったことでしょう。
動画サイト等で調べてみてもさすがにこの頃のフィルムは上がっておらず、
ただ想像することしかできませんが。
----------
KATO 10-563,10-564

<おまけ>
10系のB寝台のモックアップの写真を上げてみます。
もちろん3段寝台ですが、
コンパートメント間の仕切りは跳ね上げることができたようです。
窓には網戸が貼ってあり、きっと夏は窓全開で走っていたのでしょうね。
(後年になってエアコンが付きましたが、これがまたえらくうるさかったそうで・・・)
10系B寝台モックアップ


Nゲージ | 00:15:19 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。